『猫ジャケ』 素晴らしきネコードの世界

2010年10月28日
2
0
Books
レコードコレクターズ増刊 猫ジャケ 素晴らしきネコードの世界レコードコレクターズ増刊 猫ジャケ 素晴らしきネコードの世界
(2008/08/19)
不明

商品詳細を見る


レコードコレクターズ増刊 猫ジャケ2 もっと素晴らしきネコードの世界レコードコレクターズ増刊 猫ジャケ2 もっと素晴らしきネコードの世界
(2009/03/13)
不明

商品詳細を見る



 ご紹介するにあたり、カテゴリ分類に悩みました。
「レコード・コレクターズ増刊」。増刊というからには本?
『猫ジャケ』というからには、猫かな??
「素晴らしき“ネコード”の世界」…「ネコード」(レコード)というからには、
音楽なのか…???
なので、……。
 ま、それはいいとして。

 1冊まるごと、ジャケットに猫が載っている古今東西のレコードをこれでもか!と
紹介してくれております。ざっくり分類しますと

・写真
・イラスト
・猫単体もしくは複数形
 (成猫・子猫…子猫を持ってくるのはズルいです。反則です)
・美女と猫(絵になりますなぁ)
・紳士と猫(紳士…)
・こどもと猫(可愛さ相乗)
・楽器と猫
・コスプレ猫
「かご猫シロ」さんもいます。

 合い間にミュージシャンのインタビューも、ちょこちょこ入っています。
(遠藤賢司、畠山美由紀、ピエール・バルー、町田康*、谷山浩子* 等) 
★注:* は『猫ジャケ2』掲載

 あぁ もう…!猫・猫・猫!! 手元で楽しめる博覧会です。
猫好きなら(仮に)音楽嫌いでも、たまらない1冊かと。

 LP盤の時代は、ジャケットをひとつの作品として鑑賞する愉しみがありました。
その後、CDの時代になって、省スペースはありがたいものの、その愉しみもすっかり
薄れてしまったように思います。。
「ジャケ買い」という、これまたギャンブル的要素てんこ盛りの愉しみも、同時に
少なくなってしまった感があり、ちょっと寂しいですが…
この本では、猫をテーマとしてたっぷり鑑賞していただけると存じます。

 若き日の五木ひろしに抱かれている白猫さんの、渋々といった表情が
味わい深いです (笑) 


にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
関連記事
mojorum
Posted by mojorum
世の中にたえてニャンコのなかりせばワテの心はのどけからまし

Comment 2

There are no comments yet.

lavoix  

Re: タイトルなし

☆ゆきさま

コメントありがとうございます~
ネコード。ダジャレ的な気もしますが、なんかいい響きですよね。
目移りして困るほど、ネコードだらけの本です… (笑)

2010/10/28 (Thu) 19:21

ゆき  

ネコード、だって♪
可愛いなぁ。

2010/10/28 (Thu) 12:53

Leave a reply