三十一文字に想いをこめて

2010年09月14日
4
0
詠んでみた
 少し前…初夏の頃の話ですが 
 初めて、歌会とやらに参加してきました。
 歌会といってもネット上のもので、週ごとにテーマが与えられ、
 短歌のみならず散文・詩もOK、テーマの言葉が入っていなくても 
 これまたOK、という趣旨です。
 
 初めて詠んでみた短歌、せっかくなので残しておこうと思い、
 主催者様・サイト管理者様ともにご了承の下、こちらにも掲載しました。

 一首めのテーマは 「ぬくもり」
 二首目以降のテーマは 「猫」 です。


撫でるたび溶かし癒されほぐされる 小さき君の背の温もりよ



金色の神の眼ごときその瞳 愚か小手先敵(かな)うはずなし

漆黒の肢体に宿す荒御魂(あらみたま) 小さき黒豹我が家に居れり

“Chat noir”“Black cat”「黒猫」と 国は違えど魅惑の響き

4倍の速さで君は駆けてゆくこぼれる想い置き去りにして

VFSH0018.jpg

「出かけるね」掛け声のみで去り難く 頭撫でては行きつ戻りつ

てのひらを枕にスヤスヤ眠る君 無上なるかな時間よ止まれ

生命には内・外猫の区別無し どの子も愛し同じ重さよ

神仏の化身なりしか現世(うつしよ)の つかず離れず道を説く猫

VFSH0076.jpg

 限られた文字数に、あふれる熱い想いを詰め込む作業は 
 ことのほか楽しく、気付けば五七調でぼやいていました。
 ちょっと背伸びして、口語体寄りにならないように詠んだ
 ものもありますが、想いが最もよく表現されているのは、
 次の歌でしょうか…。 


いいのですパパにいちばんなついても 下僕ですもの貴方がよけりゃ

DSCN0366.jpg

 
 …痛いほど Mっ気 全開…。


にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ     
関連記事
mojorum
Posted by mojorum
世の中にたえてニャンコのなかりせばワテの心はのどけからまし

Comment 4

There are no comments yet.

lavoix  

Re: 気分は俵万智 (笑)

kuumamaさま

過去日記の再掲ですのに、恐縮ですf^_^;
ありがとうございます、、

猫さんが題材だったからこそ ひねり出せたというのが
正直なところです。
まずは 五・七・五に押し込んでみて下さい! (^_^)b
kuumamaさんも、難しく考えず、いちどお試しください。
なかなか 楽しいですよ(と言いつつ、たぶん自分は
もう、やらないと思います)

4枚目の、表情が気に入っております。
何かを考えているのか、眠っているのかは 永遠に謎です…

2010/09/15 (Wed) 15:12

kuumama  

素敵です♪

歌一つ一つ思いがこもって素敵です。
これから歌を詠むにはいい季節かも~
猫ちゃんを題材にとは、いい歌会ですね。(*^_^*)
私もセンスがあればなぁ~(笑)
4枚目のお写真・・Mojo君も真剣に考えてるのかな?(笑)

2010/09/15 (Wed) 14:21

lavoix  

Re: 届かぬ思い

猫ママさま

片思いがこんなに苦しいものだったとは… !
でも、時には、頭ごっちん してくれるんですよー(^o^)

ええ、そうです、ごはんの前とか… (T_T)  あはは…

2010/09/15 (Wed) 14:15

猫ママ  

>いいのですパパにいちばんなついても 下僕ですもの貴方がよけりゃ

涙しながら・・詠むlavoixちゃまが 目に浮かびます
何事も お猫様の仰せのままにm(_ _)m

2010/09/15 (Wed) 11:38

Leave a reply